<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11月26日 「高学年の男の子親子のための いのちの授業」

「最近の男の子の事情」



私達OHANAが、男の子も女の子も
それぞれの対象に合わせて
生教育を大事にするのには、...
最近の「性」を通して
とてもとても気になっている
現状があるからです。
(話すと多分数時間必要です😰)



今月も26日に男の子の親子向けの
講座をします。


この講座にも沢山の思いが
詰まっているのですが、小学生の高学年
を対象にしているのも
きちんと理由があります。

母親である皆さんは、
もし女の子のお子さんがいらっしゃるなら
月経を迎えるあたりでは
手当てや体のことを伝えてあげたいと
思いますよね。

男の子は、どうでしょうか?
母親からのアクションを
考えると難しいのは
当然です。



昔は、知らず知らずのうちに
友達同士や目上の先輩とか
そんな仲間内で雑誌を片手に
情報交換していたと思います。
なので、父親も自然と知っていくものだから
わざわざ伝えなくて良いと思ってる
という人は少なくありません。



現代はどうでしょうか?
クリックすれば
溢れる情報。
子どもが一人でどんな情報を
目の当たりにするのか?
想像されたことはありますか?

調べるつもりがなくても
勝手に画像を目にしたり
全く修正のない画像が
出てきてしまったり。

そんな中で、間違った情報を
信じている子もいます。
性に対して歪んだ知識を
持ってしまうこともあります。


私達大人が思っているよりも
ずっとずっと問題は深刻だと思います。


中学生になってから、
この講座の内容を伝えるのでは
すでに間違った情報が入っていることも多く
遅いなと感じています。


なので、
小学生のうちに、

◎なぜ赤ちゃんが出来るのか?
◎どうやって赤ちゃんが出来るのか?
それから
◎男の子にとっての第二次性徴の変化について
詳しくお話しします。


勿論、内容は小学生に合わせて
繊細に対応しています。

男の子の性の三大悩み、
ご存じですか?


その思い込みの悩みがゆえに
辛い思春期を送る子どもたちもいます。

講座のなかでは


その
◎男の子の3大悩みについても
きちんと触れていきます。


以前、ある高校に講座に出向いた時に
男の子も女の子も
二次元化が増えてきていると
養護教諭の先生から
お聞きしました。

ネット社会がゆえの
コミュニケーション能力の問題と
連動していると思います。


また反対に

十代の望まない妊娠も
表に出てこないだけで
近隣でもあるのです。


我が子に限って
そのようなことが無縁と
思われている親御さんの
お子さんが
問題を抱えていることが多いのも事実です。


また親離れ子離れのできない
親子関係も増えています。
その事が、色々なことに
関連していきます。

思春期は、脳の中でも前頭葉の理性が
育つ時期です。


この時期に、性の成長も大きく現れるのには
一人の自立した大人になるための
大切な時期なのだということが
言えると思います。


寝た子を起こすという感覚ではなく、
現代の事情に合わせた
男の子向けの生教育を私達は
大事にしています。


ぜひ、ご参加お待ちしております。
親子でも構いませんし
お子さんのみのご参加も可能です。
お問い合わせの時にお尋ね下さい


f0315370_08314675.jpg


[PR]
by ohana5midwife | 2016-11-10 08:24 | 活動予定 | Comments(0)