当たり前と奇跡の違い

皆さん、こんにちは。
OHANAの坂井です。


「生」教育助産師グループOHANAの活動ご支援と
ご協力いつも皆様ありがとうございます。


この活動も、
3年目に入りますが
有難いことに
幼稚園から高校、保護者の方々や
教員の先生向けにと
コンスタントにご依頼を頂けるように
なってきました。


まだまだ勉強を重ねて
精進していく途上ではありますが
メンバーといつも協力しながら
このような機会を頂けることに
心から感謝しています。


私自身、この活動を始める時に
どんなだったかなと振り返ると
自分の中にいる
もう一人の自分が
物凄い勢いで
やってみたい!!という信号を
放っていました。

助産師の学校に進もうと
決めた時と似た状態で
心から湧き上がるという
感覚でしょうか。


そして、
始めるにあたり
継続していく覚悟も
その時にしました。


色々教材を揃えるのも
正直費用は掛かるのですが
そういう時は
あまり深く考えないで
長いスパンで考えるようにしています。

会社を設立するわけではないので
資金というほどは
必要ないですしね。

でも一番大切なものは
何かというと
同じ志の仲間と
この活動を理解して応援してくれる
家族の存在だということも
実感しています。


この仲間との出会いも
奇跡的ですし
家族との縁も奇跡ですよね。
当たり前と思えば
感謝も出来ないけれど
偶然のような必然のような出会いに
私自身は感謝のみです。
有難いなと自然と思えてきます。

奇跡って、辞書で調べると
「起こり得るが極めて可性が低い事が起きること、
または
科学的に説明のつかないような要因で
性が低いことが発生すること」
だそうです。

目に見えることのみで
判断したり
至近距離での出来事だけに
とらわれると
気持ちも重たくなります。
自分の目に見えてないこと
沢山ありますよね
人は一人ぼっちではなく
みんな繋がっているので
あまり心配しすぎないで
日々を過ごせたらと思います。

真実は
うそをつかないので。

今後もオハナは、
「生」と「性」の繋がりを
各段階で伝えていきたいし
沢山の発信をしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。



お問い合わせは坂井まで

090-9747-7821
moo29kei8-mado613@ezweb.ne.jp







[PR]
# by ohana5midwife | 2015-05-16 12:08 | 活動を始めた理由 | Comments(0)

5.6「いのちの授業」inみよし市サンアートホール

皆様、こんにちは。

昨日は

主催の森のようちえん「てんとうむし」

http://sorashido.boo-log.com/
の白神由美子さんにお声掛けいただき

「いのちの授業」開催させて頂きました。

本当にありがとうございます。


そして、スタッフの皆様
ボランティアの学生さん
お礼申し上げます。








大勢の方にお越し頂き、
会場のスペースの関係で
ご不便もあったかと
思いますが
連休最後の日に
小さなお子さんから
大人の方々に集まって頂けたこと
感謝いたします。

昨日の講座について
ご感想やご質問があれば
是非下記までお知らせください。

坂井桃子まで
moo29kei8-mado613★ezweb.ne.jp
★を@に変えてください。



午後からはたっちゃんの紙芝居。
たっちゃんの紙芝居ファンなので
午後から観れなかったのは
大変残念でした。


また郡上や一宮に是非お呼びしたいです。


{86037CDD-ED3C-41E0-AC7B-778FF803F700:01}

{1D0DDDC0-008C-4511-94AA-8F167EEE59BB:01}




今後の
OHANAですが、6月には高校にも出向きます。
こちらも今、楽しみながら、でも真剣に案を作成中



「いのち」は、

いつの世も
どこの国でも
どの場所でも変わらない原点があると
思っています。

神秘的で
科学的で非科学的で
生きゆく命は宇宙みたいな世界です。

そして、やっぱり
命はあたたかい。
人と人との絆や繋がりの間から
産みだされる
生まれゆく
温かさ
このことを大事に
これからも伝え続けたいと思っています
私の原動力の本質です。


自分を選んで
生まれてきたのだから
自分の人生を
あざなえる縄のように
歩んで行きたい・・・と思います。


これからもOHANAの
応援どうぞよろしくお願い致します。


[PR]
# by ohana5midwife | 2015-05-07 11:55 | 講座開催の様子 | Comments(0)

5月6日の講座参加者の方へ

皆さん、こんにちは。



5月6日、サンアートホールでの出張講座についてお知らせです。

お陰様でこちらは定員になりましたので、締め切らせて頂きます。
沢山のお申し込みありがとうございます。

また、6日参加の保護者さまに宿題があります。...

「生まれてきたお子さんと初めて対面した時のお気持ち」

をメモなどの紙に書いてご持参ください。当日集めます。
短い文章でも長い文章でも構いません。どうぞよろしくお願い致します。

「生」教育助産師グループohana(オハナ)さんの写真

[PR]
# by ohana5midwife | 2015-05-03 08:46 | Comments(0)

5月6日 みよし市での講座お知らせ

春休み特別企画
親子で聴こう ~命の授業~

本当に沢山のご家族の方にお越し頂き、ありがとうございました。

...

ご参加頂いた方のご感想の一部をご紹介させて頂きます。


⚫︎四年生と年中のママさんより

気を抜くと、ダーダー涙を出して泣いてしまいそうでした。

VTR流れたり、心臓の音を聞いたり、子どもや大人に質問など変化があって、良かった‼

帰ってから、長女はやたら抱きついてきました。

次女も意外に聞いてたみたいで、

うんでくれてありがとうって。意思表明もし出して、
「明日から一人でちゃんと保育園行きます!!」いつもひっついてなかなか入らなかったりするのに(笑)

イイ勉強になりました‼

また参加したいです。


⚫︎助産師ママさんより

同じ生教育に関わるものとしてもとても勉強になったのですが、
最近3歳の反抗期の娘に対してイライラしながら過ごす毎日が続いていたので、
お話を聞いたことで、初心にかえるというか、
改めて生まれてきてくれた命の大切さを再認識して、
自分の育児を振り返ってまた今日から頑張っていこう!
という活力にもなりました。そんな気持ちになったこともあってか、
涙が滲んでとても感動したし、胸にグッとくるものがありました。



その他にも…

胎内記憶を思い出したお子さん。

胎児人形と触れ合って、感動していたお子さん。

妊婦さんのご参加も数名あったので、
お腹の赤ちゃんと同じ月齢の人形を上のお子さんに抱っこさせたり…と、
ご家族それぞれに色々と体験して頂きました。


中には、今回で3回目の参加となるご家族もみえました。

何度も聞いて頂いた事で、
お子さんも更に深く理解してくれ、
お家での会話も深まったようです。


他にも、帰宅後、へその緒を子供達に見せながら、
色々話しました‼️なんて声も頂きました。

お父さんの参加も多数でしたので、
ご家族で素敵な時間を共有して頂いたと思います。



皆さん、ご参加頂きありがとうございました。

次回は5月6日です。
たっちゃんの紙芝居のイベントに合わせて行います。
チラシご参照ください!!OHANAの講座は10:30スタートです。



皆さんのご感想を胸に、
OHANAはこれからも頑張りますので、よろしくお願いします
f0315370_21374932.jpgf0315370_21350279.jpg


[PR]
# by ohana5midwife | 2015-04-13 21:38 | Comments(0)

4月5日、一宮iビルでの春休み講座




4月5日の日曜日に、講座を行います。
まだわずかですが残席ありますので、お問い合わせ下さい。

[PR]
# by ohana5midwife | 2015-03-26 21:31 | Comments(0)

いのちの授業、一宮市内の幼稚園へ


皆さん、こんにちは。
「生」教育グループオハナの
坂井です。

今週は、様々な講座やイベントが
続いておりますが、25日水曜日には
一宮市内のS幼稚園で
お母さんのための
「いのちの授業」をさせて頂きました。
インフルエンザのために
学級閉鎖があるクラスも
あった中で
沢山のお母さまたちにお越しいただきました。
ありがとうございます。

そして、本日27日は
一宮市内のI幼稚園、年長さんとその保護者を対象に
講座をさせて頂きました。こちらの幼稚園は
昨年に続き、ご依頼を頂きました。
ありがとうございます。


f0315370_14285446.jpg















この活動を始めて3年目に入りますが
最近、命の重みを感じられない青少年をめぐる
事件が続き
今の時代、子供達に本当に必要なのは
自分って大事!
生きている意味がある!と
子供達が
心から自分を大事にする
本当の自尊感情(優越感ではなく、社会的な評価でもなく)
なのではないかと
深く深く感じる日々です。

自尊感情は、
子供達がホッとできる
心の居場所があれば
育つと思います。
みんな心の置場がない、ホッとできない
だれにも分かってもらえないから
そんな思いが増してきて
息苦しくて
生きることが苦しくなって
自分や他人を傷つけてしまう・・・ですよね。

園長先生も言ってましたけど
子供には
必ず、一人ずつに
きらりと光るものがあると。


私はそれを聞きながら思いました。
たとえば、
勉強が出来る子は、
勉強を頑張って
何か自分の将来につなげていけば
良いと思いますし。

勉強が苦手な子もいます。
そんな子は
代わりに
スポーツでいい
音楽でもいい
図工でもいい
お料理や
人の役に立つことでも
文章書くことでも
お掃除でも
努力することでも
親切心があるとか
人を笑顔に出来る
まだまだあると思いますが

必ず、子供たちには
何か得意なものがあって
それを親なり、教師なり
大人が見つけてあげて
自信や希望に繋がるよう
サポートできれば
子供は地に足をつけて
安心して
自尊感情を持って、
生きる力を発揮できるのではないかなと



現代のお母さん達が
子育てという
プレッシャーを背負って
どれだけ
頑張って日々育児をしているのか
このことも
園長先生からお話しを伺いました。


園長先生は、日々頑張っている
お母さん達をもっと
お父さんがサポートしてあげたら
子供達にも
良い育児環境が整うのではないかとも
話されていました。

お父さんのサポートというのは
難しいことではありません。
お母さんに
「いつもお疲れ様」とか
「ありがとう」の
一言で良いのではと。
これは、お聞きしながら大事だなと。
でも、そういうことを気が付ける
お父さん、夫は実際には
少ないような気もします。

女性って、
毎日家事も当たり前ではないですよね。
ご飯作り
洗濯
掃除
子供たちのお世話
買い物
家の経済
一度にいくつのことを
考えながら
世の主婦は毎日を
頑張っているのでしょうか?
家族を支えているのでしょうか?

それに対して
夫が
感謝の一言
労いの一言を
投げかけてくれたら
どんなに
妻は一瞬にして
心癒されることでしょうか。
でも、夫のアクションを待っていては
ダメ!というのも確かなこと。

園長先生が
紹介してくれた本を見てそう思いました。

「鏡は先に笑いません」という
金平敬之助さんの本です。


まだ読んではないのですが
題名だけで、納得しました。
(園長先生の子育て中の
温かなエピソードも載っているそうですよ)


自分が笑いもしないのに
鏡が笑う訳がないですよね。

これって家族関係や対人関係でも
言えることです。

自分からアクション、発信しなければ
何も始まらない。

相手に求めてばかりでは
何も動かない。

夫との関係も
同じですし
子供との関係もきっと同じ。
仕事にたいしても
こんなふうになりたい自分に対しても
夢に対しても
笑顔も
ありがとうの一言も
自分から発信。
これです。


性教育のお話しとは
違うようですが
そんなお話を
今日は園長先生とメンバーで
講座後に1時間もさせて頂きました。

今から子供のお迎えに行ってきます。
まだ書き足りないのですが
一旦終わりにします。


本日もありがとうございました。
f0315370_14290581.jpg
[PR]
# by ohana5midwife | 2015-02-27 15:23 | Comments(5)

2月12日、岐阜市内の小学4年生への授業

先日、私達は岐阜市内の小学校に伺いました。
2分の1成人式に先立っての依頼で4年生対象の授業でした。
 講座を通して、校長先生始め、
4年生の主任の先生と色々なお話をさせて頂く中で、
今後のオハナの方向性を再確認させて頂く有難い機会も頂きました。

また温かい歓迎を頂きながら、講座をさせて頂けたのも嬉しい限りでした。
 

私達は...これからも、「今ある命にありがとう」の気持ちを
子供たちの心に届けること、
さらには子供たちの心の奥にある意識に語り掛けること、
このことを大切にしていきたいと思います。
一人一人生き方も家族背景も様々です。
私達が1時間ちょっとの講座で出来ることは限られていますが、

子供たちの心に温かな命の種をまいていこうって思います。

f0315370_16462312.jpgf0315370_16463340.jpg

[PR]
# by ohana5midwife | 2015-02-16 16:51 | 講座開催の様子 | Comments(0)

一宮市内の小学校2年生への授業

本日は、一宮市内の小学校2年生の授業に伺いました。
今日伺った小学校の校長先生は、
2年前私達が命の授業をするための活動の場を最初に下さった先生です。
学校を変わられても、お声掛け頂けることが大変有難く、心より感謝しています。
 今日は約50分で伝えた命のお話し。
子供たちの思い思いの表情や言葉には、自分と家族とを重ね合わせる姿が垣間見えました。
様々な家族背景があると思いますが、
みんなの命は本当に本当に世界にたった一つしかない命。
自分の命も、他者の命も大事にして欲しいと心から思います。
 

後日、子供たちから感想が届きます。またご紹介したいと思います。



[PR]
# by ohana5midwife | 2015-02-06 19:34 | 講座開催の様子 | Comments(0)

出張講座のご感想・・・園長先生より

皆様、こんにちは。

今日、出張講座を実施した園長先生から、うれしいメッセージを頂きました。

一部ですが、ご紹介させて頂きます。

...
「昨日、一人の保護者の方が連絡帳に嬉しいお便りを書いてこられました。
先生たち皆が涙が出るくらい嬉しいお手紙でした。

 中略
講座の日の帰宅後、家でその子はお母さんに
「お母さん凄く痛いのに産んでくれてありがとう。」
と言ってくれたそうです。

また今日は男の子のお母さんと話すことが出来、
男の子への性教育の話が聞けて良かったと言っていました。
本当にやって良かったと思いました。」

また、年末に実施した幼稚園の先生からは、お葉書を頂きました。

こちらも一部ご紹介いたします。

「園児たちは、助産師の方々の話しや動きに、園児たちは真剣に見入ってましたね。
また出張講座の後に、帰宅後自分のへその緒を見た子が多かったと聞いています。
また連絡帳に、自分の生まれたことへの嬉しい気持ちを素直に母に伝えて、
それがまた親にとっても感動したようでした。
これを機に、親子の絆が一層深まると信じています。」


本当に、有難いメッセージで嬉しく読ませて頂きました。
これからも、一つ一つ頑張ります!!


[PR]
# by ohana5midwife | 2015-01-20 20:57 | 参加された方の感想紹介 | Comments(0)

みよし市の幼稚園に伺いました。

愛知県一宮市を中心に活動しています
生教育助産師グループ
坂井です。



今年初めてのOHANA出張講座、
みよし市の幼稚園に伺いました。

こちらの園長先生は、
実は私の娘が昨年度まで通っていた
一宮市の幼稚園の先生です。

私達の活動に、ご協力とご理解下さり
赴任されて初年度にお声掛けいただくという有難い機会を頂きました。

 
今日は読み聞かせの達人ママに紙芝居のお手伝いも頂いて講座をさせて頂きました
。年長さん対象の講座でしたが、
園児の皆さんは講座の中で感じたことを思い思いに表現してくれました。
この講座は私達が伝えるための一方通行のものではなく
、そこにいる人すべてで作り上げられる貴重な時間なのだと深く実感しました。

...

講座終了後に、絵本展示を行いながら、
保護者の方と様々なお話をさせて頂けたのもとても良い機会になりました。
時間が延長してしまい、園長先生にはご迷惑おかけしました。ご免んなさい。

ママ達が、家庭の中でいのちの事を伝えられるサポートが出来るよう私自身も夢の実現に向けて活動したいと感じる1日でした。
K園長先生、本当にありがとうございます。

f0315370_14152585.jpgf0315370_14145349.jpg


[PR]
# by ohana5midwife | 2015-01-17 14:21 | 講座開催の様子 | Comments(0)